メインコンテンツに移動

外来での迅速検査について

発熱と上気道炎症状で受診された患者さんで、コロナウイルス感染症の可能性が否定できない患者さんの迅速検査(インフルエンザ、RSウイルス、ヒトメタニュウモウイルス感染症、溶連菌感染症、アデノウイルス等)は、現在、サージカルマスク、防護服、手袋等の不足により、厚生労働省の指導する接触予防策および飛沫予防策をすることが困難な状況にありますので、患者さんに対してエアゾルが発生する可能性のある迅速検査は、原則中止させていただきます。